PBL型システム開発B:第1回デモ会

こんにちは、PBLシステム開発BからTAに加わりました、高度ITコース修士2年の古谷です。

10月からスタートしたPBL型システム開発Bでは、前期のPBL型システム開発Aに引き続き開発を行いますが、約1~2ヶ月という短いスパンでリリースを行う反復型開発を行います。リリースの前にはデモ回も行いますので、顧客のみならず多くの人からフィードバックを頂くことが出来ます。

10月26日は、前半は日本電気株式会社の誉田様から品質マネジメントに関する講義と、後半はPBL型システム開発Bの最初のデモ回が行われました。

前半の誉田様の講義では、ソフトウェアを取り巻く現状の品質の考え方や、アジャイル開発における品質確保の手法を、社内の実例を用いてご講義頂きました。PBLでは、実際の顧客の業務で利用して頂くことを前提にシステム開発を進めていますので、誉田様の講義を参考に、ぜひ品質も念頭に置いて開発を進めていきましょう。

後半のデモ回では、PBL型システム開発A同様、チームごとにブースに分かれて、今月末に控えているリリースに向けて現状報告とデモを行いました。各チームとも、実際に動作するシステムができ始め、全体像が見えてきた感じがします。

しかし、開発の目標やシステムの目的が曖昧で、オーディエンスに伝わりにくかったチームも見られました。今後は、限られた時間でシステムの意義や素晴らしさが初見の人にも伝わるよう、工夫してデモを行うように心がけていきたいですね。

1年間のPBLも後半戦、今回のデモとリリースの反省点を活かし、システムの完成度をより高めていって欲しいと思います。

古谷

2015-10-26 16.54.30 2015-10-26 17.34.35 2015-10-26 17.34.46 2015-10-26 17.35.44

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中