PBL型システム開発A:リーンキャンバス

こんにちは.PBL型システム開発A TAのもりや(代表)です.

4/25(月)

今週は,「リーンキャンバス」を行い,プロジェクトにおいて求められること,開発することで解決される問題点などをチームで話し合いました.

リーンキャンバスを初めて行なった学生が多い中,多くのアイディアが出ていました.チームによってはすでに顧客とのミーティングを済ませたところもあったとは思いますが,あらゆる側面からプロジェクトについて考えたことで,新たな気づきがあったのではないかと思います.

今回出た意見や気づきをプロダクトや顧客への提案に反映できるといいんじゃないかなと思います.

IMG_0970IMG_0972Slack for iOS UploadIMG_0971IMG_0969IMG_0968

執筆者 もりや

広告

PBL型システム開発A:チームビルディング

新年度はじまりました!

こんにちは、高度ITコース修士2年になりましたPBL型システム開発AのTA 小寺(代表代行)です。

 

4/18 (月)

チームメンバーも決まり、この日は外部から講師を招きチームビルディングに関する講演をしていただきました。

アイスブレイクのお題として、「不時着した旅客機から生還するために、チームとして手元にある10種類の品物に優先度をつけどのように利用するか」というものでした。

チームによって話し合いの仕方はそれぞれ異なり、どうやってメンバーの意見をチームの意見として決定したのか、TAという立場からかなり興味深いものでした。

 

_IMG_0964 _IMG_0963 _IMG_4814 _IMG_4800 _IMG_4799 _IMG_0966

 

 

まだ、チームができて1週間程度であるからこそ、今回の内容は、どのチームにとっても有意義なものだったのではないでしょうか!

 

 

後半は、初めての進捗報告をおこないました。

今年度の新入生は全25人で、6チームあり、これから1年間はこのメンバーでプロジェクトを進めていくことになります。

初めての進捗報告は、どのチームも顧客やメンバーとの打ち合わせをした内容が資料に含まれており、初めてなりに色々と考えてきたことが伝わってきました。

はじめは慣れないかもしれませんが、回数を重ねれば、どういう手順でどうやって説明すればいいか等、わかってくるものなので心配いらないと思っています。

プロジェクトの最初は、顧客の要求を引き出す機会で重要なフェーズでもあるので、是非、積極的に顧客とのコミュニケーションをとっていってほしいです。

 

次週は、リーンキャンバスです。

 

執筆者 小寺