リーダブルコード勉強会 in 筑波大を開催しました!

高度ITコースの学生有志の運営で、「リーダブルコード勉強会 in 筑波大」を開催しました。
対象は、高度ITコースだけでなく筑波大生もしくは関係者です。普段、東京などで多く開催される勉強会を筑波大で行なうことで、いままで勉強会に行きたくても少し遠くて躊躇していたような学生にも参加してもらうことを狙いました。

定員の30名は事前予約で埋まり、当日は29名が参加しました。

リーダブルコードとは、良いソフトウェアのコードを書くためのテクニックについて記述されている書籍です。オライリー社から発行されています。

技術者として読んだほうが良い本としていろいろな場面で紹介されており、エンジニアの多くの人がこの本の存在については知っていると思います。

講師に、リーダブルコード日本語版の解説を書かれた、株式会社クリアコードの代表である、須藤功平さんをお招きし、リーダブルコードの見つけ方について講義していただきました。講義の後は、実際に手を動かしながら、自分の書いたコードや他人の書いたコードから「リーダブルなコード」を見つけるというワークショップも行われました。

勉強会2E803B516-4846-4FAA-A295-A5776921C21FIMG_1292IMG_1269IMG_1293

参加者のワークショップを支えるメンターには、講師の須藤さん(@kou)を始めとして、同社の沖元さん(@okkez)、Rubyコミッタの田中さん(@akr)、リーデックスの島田さん、田崎さんのほか、これまで外部のリーダブルコード勉強会に参加したことのある学生さんに協力していただきました。

IMG_1291146DB5A2-4729-4FCD-9F09-E5BFEB295099 (1)勉強会1IMG_1278IMG_1295

ランチ&懇親会は株式会社SEプラスさんよりご提供いただきました!

IMG_0495IMG_0502IMG_1306IMG_1303IMG_1308IMG_1309

勉強会終了後にアンケートをとった結果、総合的な満足度は平均7.9となりました。一部の参加学生さんにたいして、うまく趣旨を伝えきれていなかったことが要因かなと思います。また、「リーダブルコード」の本の内容は今回の勉強会に含まれていませんでしたので、その部分で少しギャップがあったのかなと思います。

一方で、「勉強になった」「楽しかった」などの肯定的なコメントも多く見られたので、開催した側としては非常に良かったかなと思います。

こちらがアンケート結果の全てです(閲覧回数制限が有るようなので、ご覧になれない場合があります。すいません)

最後になりましたが関係者の皆様、本当にありがとうございました!

協賛:株式会社クロノファクトリー (http://cronofactory.com/)
株式会社SEプラス(http://www.seplus.jp/)
社団法人アジャイルチームを支える会
後援:筑波大学 enPiT (http://www.cs.tsukuba.ac.jp/enPiT/)

広告

PBL型システム開発A:デモ会

こんにちは!TAの高杉です。

今回のPBLの授業では、前期に作り上げたものを先生や、学外の方にデモンストレーションを行う会でした。

先生方の他に、企業の方々やM2の先輩方もたくさんお越しいただきました。

たくさん貴重な意見を頂いたと思うので、後期のPBLBにうまく反映させて欲しいです。

 

IMG_6010 IMG_6005 IMG_6000 IMG_5986IMG_5998

高度IT勉強会「AITLT #2 Gitハンズオン」の紹介

こんにちは!TAの高杉です。

今回は、5月21日に開催された高度IT内勉強会「AITLT」を紹介します。

AITLTは、高度ITコース内の有志で運営されている勉強会で、先日の開催で第2回を迎えました。(事前に目的共有を兼ねて第0回を開催しているので、実質3回目の開催です)

基本的には、LT(Lightning Talk)と称して各回のテーマや自分の好きなことについて5分程度で共有することにしています。

一方で、M1に対しての技術的なフォローアップのために、少し長めに時間をとってワークショップ形式の勉強会を企画することもあります。

先日の第2回では、「Git ハンズオン」と題して、バージョン管理システムの一つであるGitについてM2からレクチャーしました。

写真 2015-05-21 19 14 50

 

高度ITコースでは、基本的にコードの管理をGitで行うことにしており、最終成果物の一つとしてGitのリポジトリを提出します。なので、コースのメンバーとしては必須のスキルというわけです。

しかし、大学の研究などでもGitを使って開発することは珍しいことなので、なかなかGitを使ったことがある人はいません。

なので、バージョン管理システムという言葉から、Gitの概要、Gitの良い所、基本的な仕組みまでをひと通り講義形式で説明し、その後リモートリポジトリを使って、コンフリクトの解消などにトライをしてもらいました。

講義で使った資料は、Slideshareにアップロードしてありますので、よろしければ御覧ください。

今回のワークショップには、M1も多く参加してくれましたが、メンターとしてM2も多く参加してくれました。学年をまたいで色々交流する仕組みにも、コースの学生として取り組んでいます。

写真 2015-05-21 20 28 25

 

以上、AITLTの紹介でした!

第4回 PBL型システム開発A:チームビルディング

こんにちは! TAの高杉です。

第4会のPBL型システム開発では、フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社 安田様より「チームビルディング」について講義していただきました。

IMG_5967

IMG_5974

講義中には、チームでワークショップなども含まれおり、即席ながら教員・TAチームも参加をしました。

「チームビルディング」の講義終了後は、いつものように進捗報告タイムでしたが、安田様にもそのままご参加いただき、貴重な意見を沢山いただくことができました。

M1のみなさんも、普段とは違う目線の意見に大きな刺激を受けたと思います。

第1回 PBL型システム開発A:テーマ紹介とチーム分け

こんにちは! TAの高杉です。

4/13日(月)は、PBL型システム開発Aの初回講義でした。

PBL型システム開発という授業は、前期のAと後期のBで分割されています。PBL Aではチームビルディングを行い、顧客の要望を正しく理解し、Bに向けた最初の動くプロトタイプを作ることを目的とします。PBL Bでは、Aで作られたプロトタイプをより発展させ、顧客の抱える問題・要求に対して解決策を提供することが目的です。

今年度の新入生16名は、4チームに分かれてこれから一年間のプロジェクトに取り組むことになります。

先生方がチーム編成について話し合っている間に、新入生には一年間の抱負を発表してもらいました。みなさん、それぞれの思いや目標を持ってこのコースに入ってきていると思いますので、彼らが一年間パワーを発揮できるよう、TA共々努力をしていきたいと思います。

2015-04-13 17.57.29

チームが決まった後は、顧客との初回打ち合わせのスケジューリングを各チームが行いました。

次回(4/20)からは、講義に加えて各チームの進捗報告が始まります。

執筆者 高杉

PBLチーム紹介 TOMs

こんにちは、高度ITコースM1、TOMsチーム高杉です。

本日から、M1の全5チームについて順番に紹介していきます。トップバッターはTOMsです。読み方は「トムズ」です。

TOMsLogo3

TOMsは日本人3名、中国人1名の合計4名のチームです。チームメンバーのうち3名ほど、ちょっと高級なキーボードを使っていたり、Macのファンだったり、Editorに並々ならぬこだわりがあったり、ちょっとエンジニアというかギーク色が強いチームかもしれません。

開発しているプロダクトは、レッスン記録の閲覧システム「TOLK(トーク)」です。お客様は地元のテニススクール様です。一緒に業務で使用するアプリケーションを開発しています。

tolk

テニススクール様では、毎回のレッスンが終わった後にコーチがレッスンの記録を残しています。レッスンの記録は、生徒さんに対するコメント(課題や次回も継続してトレーニングして欲しい点)をコーチ間で共有する目的で記録されています。レッスンの記録は、これまで紙媒体で記録され、保存されてきました。

レッスンの記録は、例えばレッスン前に前回のレッスンを振り返ったり、臨時で初めて担当するクラスを受け持つときに生徒さんの様子を確認したりするときに参照されています。ですが、紙媒体での記録では検索性や一覧性が悪いので、スムーズな情報共有の妨げになっています。

そこで我々は、レッスン記録の電子化を提案し、記録の検索性や一覧性を向上することでコーチ間の情報共有をしやすくするシステムを作っています。

基本的な機能については、リリースが完了しています。次のリリースでは、PCが苦手なコーチでもシステムを利用してもらえるように、ユーザインターフェースの改善をする予定です。

プロジェクトを進めるにあたって、GitHubやSlackなどのツールを利用してコミュニケーションを取ったり、WerckerCIというクラウドCIサービスを利用して、品質を高めたりしています。

それ以外にも、メンバーが新しく導入したい仕組みや、共有しておきたい技術などを発表するLT(ライトニングトーク)を推進しています。ミーティングなどメンバーが集まるタイミングで行っています。

それでは、以上でチームの紹介を終わります。次のチームはどこになるかはお楽しみに。

TOMsチーム、高杉でした。